企業行動憲章

第一精工グループ企業行動憲章

第一精工グループは、「精密かつ完璧なものづくりにこだわる」という経営理念のもと、 広く社会から有用で成長を期待される企業を目指します。そのためには、関係法令の遵守はもちろんのこと常に社会的良識を持って行動し、あらゆるステークホルダーの信頼を得られるように公正で誠実な企業活動に取組みます。

  • 1.お客さまの満足
    第一精工グループは、真にお客さまが求める製品・サービスを、安全と品質に十分配慮して開発・提供し、お客さまの満足と信頼の向上に努めます。
  • 2.新しい技術への挑戦
    第一精工グループは、独創的な技術開発に挑戦し、積極的に新製品と新事業領域の開拓を行います。
  • 3.公正な企業活動
    第一精工グループは、法令その他の社会的規範を遵守し、公正で誠実な企業活動を行います。
  • 4.リスク管理
    第一精工グループは、会社に重大な影響を及ぼすような発生リスクの把握と対応のみならず、リスクヘッジや発生した場合の損失を最小限にするための対策を立て管理します。
  • 5.情報開示
    第一精工グループは、正確で十分な企業情報を適時・適切に開示し、企業活動の透明性を高めます。
  • 6.環境との調和
    第一精工グループは、環境問題に積極的に取り組み、「地球にやさしい企業活動」を推進します。
  • 7.地域社会との調和
    第一精工グループは、「良き企業市民」として、積極的に社会貢献活動を行います。
  • 8.人権の尊重
    第一精工グループは、従業員一人ひとりの人権と個性を尊重し、その能力を十分に発揮できる安全で働きやすい職場環境を実現します。そしてあらゆる企業活動においても人権、自主的な労働を尊重し、不当な差別、人身売買、強制労働を排除します。
  • 9.知的財産・個人情報の管理
    第一精工グループは、知的財産や個人情報の価値を認識し、適正な管理を実行します。
  • 10.国際社会との協調
    第一精工グループは、国際ルールや各国法令の遵守はもとより、その文化や習慣を尊重し、国際社会と協調した企業活動を行います。
  • 11.紛争鉱物
    事業活動において、紛争地域の武装勢力の資金源となるような紛争鉱物の使用を可能な限り排除し、紛争地域の善良な住民の人権を尊重します。

以上

2006年(平成18年)4月1日制定
2014年(平成26年)3月13日改訂
第一精工株式会社
代表取締役社長 小西 英樹
小西 英樹