環境影響物質の廃止・削減への取り組み

環境影響物質の廃止・削減への取り組み

2004年初め お客様からのRoHS適合調査依頼に対する支援サービス開始
2005年初め マーケットの要求製品から鉛フリーめっき製品の開発を開始
2005年 新製品開発における環境影響物質管理体制を構築
2006年6月 RoHS Compliant識別表示を行ない製品出荷開始
2006年7月 鉛フリーめっき製品のみ出荷開始
2007年3月 中国版RoHS対応(梱包リサイクル表示等)の対応開始
2007年後半 EUのREACH規制対応のための取組開始
2008年3月 ハロゲンフリー対応製品の開発活動を開始
2009年4月 赤リンフリー対応製品の開発活動を開始

環境活動へ戻る