第一精工ダイジェスト

「第一精工」ってどんな会社?

昭和38年(1963年)に京都で精密な金型を造る会社として産まれました。
金型造りは日本のお家芸と言われています。私たち第一精工は、その中でも1000分の1ミリという精度で金属を加工して造る金型を得意としてきました。
その後、「金型」で培った精密技術をグループの最も大切な「核(コア)」にして様々なブラスチックの成形品や装置を造ることになりました。第一精工はそんな「ものづくり」の企業です。現在は、「電気、電子、通信、コンピューター、自動車、半導体」のグローバルレベルの業界に属しており、世界各地のお客様に向けて生産・販売を行っております。

第一精工の歴史
第一精工の企業理念
「何」をつくっているの? 第一精工の「強み」は? 第一精工の「業績」は?
「何」をつくっているの?
第一精工の「強み」は? 第一精工の「業績」は?
最先端に欠かせない、精密部品や生産設備をつくっています。
  • コネクタ Electronics Components
  • 自動車部品 Automotive Components
  • 精密部品 Precision Components
  • 金型・生産設備 Mold&Mfg.Equipments
第一精工の「強み」は?
「何」をつくっているの? 第一精工の「業績」は?
ちゃんとつくる

生産工程においてボトルネックになる「肝」は必ず自らの手で作っていくことにこだわり、製品や設備を自社制作する基本姿勢が経営基盤を盤石にし、これが最大の「強さ」になると考えます。

精密金型がルーツ 一貫生産体制 グローバル企業

精密金型がルーツ

超精密金型
1 精密金型をルーツに持つ業界唯一のコネクタメーカー
競合他社との差別化

自社での製品開発と設備製作力を持っているため、難易度の高い製品を市場にスピーディーに供給できます。

2 精密金型をルーツに持つ業界屈指の生産技術提供メーカー
精密金型技術を応用

精密金型は工業の基盤技術です。我々はそこで培ってきた技術力を活かし、幅広い産業に展開してきました。

カミソリ刃と比較 0.3mm以下での微細加工 1/1000mmのパーツ精度 コネクタ金型 成形部 約200点のパーツを集積

一貫生産体制

『製品開発から設備製作、生産ライン構築まで一貫体制』

私たちは、製品を造るための研究・開発はもちろんのこと、生産ラインのための金型や製造装置の重要部分は全て自社で設計・製作し、生産まで一貫して社内で行っています。品質・納期・コスト面でご満足頂けると確信しているからです。

コネクタの一貫生産体制 全てを自社内で完結

グローバル

世界中のお客様のニーズに応える最適地生産

日本・米国・中国・その他アジア諸国の四極が密に連携した体制によるグローバルな展開を図っています。各地域における生産体制、サービス体制、人材発掘に傾注しながら、お客さまにご満足いただけるスピーディーな対応を心がけています。

グローバル
第一精工の「業績」は?
「何」をつくっているの? 第一精工の「強み」は?
経営成績
財政状況
財務ハイライト
製品別売上高/構成比
地域別売上高