ニュースリリース

2016/03/01

福岡ソフトバンクホークスとのスポンサー契約のお知らせ

第一精工株式会社は、2016年3月1日、プロ野球パ・リーグの福岡ソフトバンクホークスと2016年度のオフィシャルスポンサー契約を締結いたしました。

概要

第一精工株式会社は、福岡ソフトバンクホークスの本拠地である「福岡 ヤフオク!ドーム」のバックネットに、当社が"ものづくりフィロソフィー"として掲げる「ちゃんとつくる」というメッセージおよび当社社名による広告を掲出するとともに、「ホークスパートナーズ」として福岡ソフトバンクホークスをサポートしてまいります。

1963年に京都で精密金型メーカーとして創業した当社は、1976年に福岡県へ進出して以来、福岡を主要拠点としてコネクタや自動車部品をはじめとする幅広い分野へ事業を拡大し、今日福岡事業所(小郡工場、大野城工場、および大刀洗工場)は国内従業員の約7割が勤務するグループ最大の生産・開発拠点へと成長しました。福岡そして九州地区で絶大な人気を誇る福岡ソフトバンクホークスのスポンサーとなることで、地域とのさらなる一体化を図り、地域およびスポーツ文化の振興に貢献できることから、今回の契約に至りました。

ヤフオクドームを訪れるプロ野球ファンのみなさまをはじめ、テレビなど各種メディアへの露出機会を増やすことで、当社の知名度やブランド向上を図ってまいります。

©Softbank HAWKS

「ちゃんとつくる」とは

「ちゃんとつくる」は、第一精工が"ものづくりフィロソフィー"として掲げるスローガンです。私たちは、日々つくりだす数十万、数百万単位の製品ひとつひとつにおいても厳格な基準を守り、安定した高いクオリティを実現することを、「ちゃんとつくる」と考え、"私たちのものづくり"を極めて、社会へ貢献することを使命としています。

お問い合わせ

経営企画室
TEL: 075-611-7155

第一精工へのお問い合わせはこちらから