新規開発製品

  • 匂いセンサ

第一精工は創業以来、精密金型技術をコアとした当社独自の生産技術を伝承し、常にその技術を活かした製品の開発に力を注いできました。その結果、エレクトロニクス、情報通信、自動車、半導体など多様な分野において画期的な製品を開発し、今日世の中に送り出すことができています。
そのような私たち第一精工が長年培ってきた技術と経験を活かして開発し、新たな分野で活躍が期待される、全く新しい製品をご紹介します。

匂いセンサ

概要

匂いセンサ

主な特長

  • MEMS検知素子に、個別の匂い分子を吸着する感応膜を塗布
  • 複数の検知素子が検出する「匂い分子のパターン」を認識し、匂いを識別
  • 圧電薄膜(PZT)を用いたMEMSの活用により、小型・低コスト化が可能
  • 検知素子(=感応膜)の数を増やすことで、より多くの匂いを識別

主な想定用途

  • 家庭用や産業用ロボットによる異臭検知
  • 農産物の品質確認
  • 介護向け見守りシステム
  • 清掃業務での最終チェック
  • 芳香剤等日用品での品質確認
  • 食品向けの識別や品質管理
  • 医療向けの匂いでの識別
  • たばこ・トイレなどの匂いや、匂いの強さの検知
  • その他、各種産業での匂いをトリガーとしたセンシング

匂いセンサについてのお問い合わせはこちらから