トップメッセージ

時代を捉えたその先へ 多角的な想像力で挑みます。

私たちは、1963年の創業から、"つくること"のエキスパートとして妥協無き歩みを続けてきました。
そして、技術革新がめまぐるしく進歩するなか、未知の課題に対しても途絶えることなき無限の挑戦を重ねることで、私たちのポテンシャルはより大きく成長しています。
このようなあくなき精神は、常に私たち社員一人一人が育て共鳴するものであり、私たち第一精工にとっても必要不可欠な財産となって引き継がれるものです。

第一精工は、超精密部品メーカーとして様々なニーズに応えるべく、設計から量産までの一貫生産体制を実現し、さらには現代から未来へ訴求する独自製品の企画開発を積極的に推し進めることで、多様なスキルと広大なリソースを保持し、企業体としての飛躍を遂げてきました。
これからも次世代に向けた開発への投資をはじめ、グローバルレベルでの技術提案など、常にお客様へ価値を提供するメーカーとしての確固たる存在感を打ち出せるものと確信をしています。

第一精工グループは、全社一丸となって未来創造へのクリエイティブマインドを絶やさず、その尖端性を極めることで、社会そしてステークホルダーの皆様への貢献と成果に繋げてまいります。

代表取締役社長 土山 隆治

ものづくりフィロソフィー

Perfection in PRECISION ちゃんとつくる

精密な製品を「ちゃんとつくる」、それは日々生産される数十万、数百万単位の製品ひとつひとつにおいても厳格な基準を守り、安定した高いクオリティを実現することです。
生み出す製品の品質確保は、いかにそのプロセスを洗練するかにかかっています。常により良い製品を生み出すため、生産工程の核となる部分を自らの手でつくりあげる。この姿勢こそが第一精工のものづくりでありポリシーです。