直近の決算概況

2019年12月期 第2四半期の概況

当第2四半期連結累計期間において世界経済は、米国では良好な雇用環境に支えられ個人消費が底堅く推移したものの、長期化する米中貿易摩擦などを背景に景気は鈍化傾向となりました。欧州においては、個人消費に底堅さが見られたものの、ドイツ製造業の輸出低迷や英国の欧州連合(EU)離脱交渉をめぐる先行きの不透明感は拭えず、景気の回復は力強さを欠くものとなりました。中国においては、長期化する米中貿易摩擦を背景とした輸出受注の低迷により、景気の回復は緩慢なものとなりました。

わが国でも、世界経済の減速を背景とする輸出の低迷に加え、設備投資についても力強さを欠いた状態が続いており、景気の足踏み状態が続きました。

このような経済環境の中、当社グループの電気・電子部品事業は、世界的な景気の減速や米中貿易摩擦の激化等が影響し、主要製品であるコネクタやHDD関連部品の受注が低迷した状態で推移しましたが、第2四半期に入り回復傾向が見られ、前年同四半期比同等の売上高を維持しました。アンテナ用超小型RF同軸コネクタは、スマートフォン市場の成長鈍化や競争激化等の影響により伸び悩みました。細線同軸コネクタは、第2四半期においてノートパソコンのパネル向けを中心に持ち直しの傾向が見られたものの、第1四半期の不振を挽回するまでには至りませんでした。基板対基板コネクタは、高速伝送対応のフルシールドコネクタの需要が堅調に推移したことから引き続き伸長しました。HDD関連部品は、データセンター向けの投資減少等の影響もあり、HDDメーカーが在庫調整を継続したことから低迷しました。

自動車部品事業は、北米や中国市場を中心に自動車販売に減速感が見られるものの、車載用センサやコネクタ等、自動車の電子化に寄与する車載部品の需要は引き続き堅調に推移しました。中でもコネクタにおいては、耐振・耐熱性に優れたSMTコネクタがLEDヘッドライト向けに採用車種が拡大する等、順調に売上が増加しました。

設備事業は、足元では車載向けの装置や金型の需要に回復傾向が見られたものの、半導体市況悪化に伴う第1四半期の落ち込みを挽回するまでには至らず、伸び悩みました。

その結果、当第2四半期連結累計期間の売上高は25,422百万円(前年同四半期比0.2%増)、営業損失276百万円(前年同四半期は営業利益387百万円)、経常損失550百万円(前年同四半期は経常利益365百万円)、親会社株主に帰属する四半期純損失643百万円(前年同四半期は親会社株主に帰属する四半期純利益166百万円)となりました。